転職してよかったこと・悪かったこと

転職する理由と第二新卒

日本では同じ企業に生涯勤め続けるということが美徳とされてきました。しかし、自由に仕事をしたいという潮流ができたことによって転職が受け入れられる世の中になりました。それどころか、就職して三年程度で転職を一度は高所すべきという考え方も浸透しつつあります。 こういったタイミングで転職をする人たちは第二新卒と呼ばれ、最初の就職先が思っていたのとは違っていてやりたいことができなかったり、職場の人間関係にうまく順応していけなかったりして転職をしています。就職難の時期が続いたこともあって、就職先を選びづらい状況もあったことから、やりたい仕事ができない若者が多く、第二新卒を多く生む状況ができてきました。結果として、転職を経験した若者が大勢いる状況が生まれています。

転職してよかったことと悪かったこと

転職をすると、それがよかったと感じる人もいれば、悪かったと感じる人もいます。転職前には不満に感じていたことが必ずあり、それを解決することができて転職してよかったと思うことができるでしょう。転職することで年収が上がったり、やりがいのある仕事ができるようになったり、良い雰囲気の中で仕事ができるようになったりするというのがよかったと感じることの代表的なものです。 一方、悪かったと感じることはその真逆になります。年収が下がったり、つまらない仕事をすることになったり、職場の人間関係で苦労するようになったりするというのがその例です。全てをより良いようにするというのは難しいことであり、若者ほどそれが当然できると思ってしまいがちです。ある程度はギブアンドテイクの関係があるということを考えて転職しないと、悪かったことが多く感じられてしまいがちになるでしょう。