ハローワークで何がわかる?

自分のやりたい仕事が分かる

ハローワークに行く人は、先のことが見えずに藁をもつかむ思いで訪れている人も多くいると思います。そのような人は、明確な自分のスキルや、向いている仕事などが全く分からない状態です。そのような人は、まず職員の人に相談するなどして、どのような仕事があるかを知ることからはじめます。その中で、自分のやりたい仕事、できそうな仕事を見つけ、それに向けて準備を進めていくのです。 また、企業の募集要項を見ると、自分に足りないスキルや必要な資格などを知ることができます。そこで、資格取得のための勉強をはじめたり、職業訓練校に通ったりします。職員や資料によって、仕事に関しての情報収集からはじめることができるのがハローワークです。

自分が何をすべきなのかが分かる

自分のやりたい仕事、できそうな仕事がある程度決まると、あとはそれに向けて準備を進めます。職員とカウンセリングが出来るハローワークでしたら、求職者に向けての集団面接や、就活に関するセミナーなどのイベントの情報、職業訓練校の紹介などをしてくれることもあります。話を聞いて、自分が今どのような段階にいて、何をすべきかが見えてくるのではないでしょうか。全く初めての就活をする人の場合は、面接の練習や履歴書の書き方から勉強しなければなりませんし、資格が必要な人は職業訓練校の申し込みをしたりします。 自分で考える必要はありますが、色々な選択肢や可能性の提示をしてくれるので、進路に悩んでいる人は一度足を運んでみるのも良いかもしれません。